教習中の出来事

残暑厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。指導員の小川です。

生徒さんへのわかりやすく、親しみやすい教習を通して、交通の安全・安心をサポートする事を日々心がけております。

先日、路上教習中に、下校途中の小学生が、車が停まらず、なかなか横断歩道を渡れなくて

困っていたのを見ました(道路交通法では一時停止しなければならない)。

その時、一台の車が停まって、小学生は無事に渡ることができたのです。

そのドライバーに、渡り終えた小学生が立ち止まり、笑顔で頭を下げている光景を見て、心温まる気持になりました。

 

今後も、教習を通して、安全・安心をサポートする事を心がけ、このような光景が増えるように

地域の交通安全に貢献していきたいと考えております。